アムウェイに勧誘されやすい人の特徴まとめ。当てはまる?

実際にアムウェイ・ビジネスをしていく中で、
絶対にしなきゃいけないのが「勧誘」です。

プロスペクト(勧誘しようと思っている人)リストを作り、
その中から順番に声をかけていくわけですが、
中でも「声をかけやすいジャンルの人」というのがいます。

多分そういった方はアムウェイに限らず
様々なネットワークビジネスでも勧誘の対象になりやすいはずです。

その特徴をまとめました。

アムウェイの勧誘には2つのタイプがある

まず前提として、アムウェイの勧誘には2つの種類があります。

1.  ビジネスパートナーとしての勧誘
2.  製品ユーザーとしての勧誘

勧誘というと、1の「ビジネスへの勧誘」を想定しがちですが、
実はアムウェイのディストリビューターにとって
おいしいのは2の「製品ユーザー」です。

ビジネスとして興味を持った人は、
「稼げない」と判断すると完全にフェードアウトしてしまうことがほとんどです。

でも、アムウェイの商品に興味を持ち、
製品のファンになった人は、ちょっとやそっとの事じゃいなくなりません。

ですので、ビジネスマインドは全くなくても、
いいモノに目がない、という人は格好の勧誘の対象になる、ということを認識してください。

Sponsored Link

アムウェイに勧誘されやすい人の特徴 – ビジネスタイプ

ではまず、ビジネスパートナーとして勧誘されやすい人の特徴です。

長時間労働・低所得>>ブラック企業で働いている人

アムウェイのビジネスで手に入るものは
「お金」「時間」です。(「仲間」もですが)

残業時間が多い、労働時間が長いといった
時間的自由が少ないハードな職種の人や、
給与が低い職種の人たちは勧誘のターゲットになりやすいです。

社会的な地位や給料が高くても、仕事に長時間拘束されている人は同様です。

アムウェイでは「労働収入(サラリーマン)=悪」
という、今思うと極端な考え方をする人たちが多いのは真実。

あなたの中に「会社なんてクソ」「働いたって報われない」
といった思いがあるのであれば、アムウェイ信者からするととても勧誘し易いターゲットです。

特に多いのが、新卒で社会人になったばかりの若者、
美容師、看護師、栄養士といった職業の人達でした。

起業・開業などの夢を持っている人

例えば飲食店をオープンしたいとか、
独立して自分のサロンを持ちたい美容師など、
「お金」と「人脈」が必要な夢を持っている人も勧誘し易いです。

アムウェイにはほんとに山ほどの職種のプロたちがいます。

例えば自分のヘアサロンを開業したい、
というプロスペクトがいた場合、
既にその夢を叶えているアムウェイ成功者は腐るほどいるので、
話を展開するのは簡単です。

人見知りをしない、社交的で友達が多い人

アムウェイはネットワークビジネスです。

人から人に伝えてはじめて成立するビジネスので、
人が好き、好奇心旺盛、人に対する心理的なバリアが低い人
は勧誘のターゲットとして最適です。

その人から先にどんな人脈が広がるか、をアムウェイの勧誘者はみています。

スポーツ選手・リーダー気質の人

アムウェイ・ビジネスの実践者で多かったのが
元/現役のスポーツ選手です。

体質改善に代表されるように、
アムウェイの製品や理念は人間の健康に根ざしたもの多いです。

普通の感覚からするとかなり神経質に、
水や空気、食事に気を使っている人たちばかりですが、
スポーツマンには違和感無く受け入れられうようです。

またスポーツをやっていた人というのは
「この人が言うなら聞いてみよう」と思わせる、
人を引っ張るリーダータイプであることも多く、
ビジネス成功には必須の要素のためターゲットになりやすいです。

Sponsored Link

アムウェイに勧誘されやすい人の特徴 – ユーザータイプ

主婦!最強伝説

アムウェイを伝えて気に入ってもらえると最強なのが主婦です。

自分からどんどん製品を使ってくれるし、
さらには知らない間に自分の主婦ネットワークの中で
勝手に製品の口コミをしてくれていたりします。

製品の良さから入り、ビジネスに発展する主婦も多くいます。

美意識の高いアラサー・アラフォー女性

仕事をしてお金もそこそこ稼いでるアラサー・アラフォー女性たち。

若さを保つ・美を追求するためにはある程度のお金を
惜しまないのがこのあたりのターゲットです。

ニュートリライトやバス浄水器など、ハマればかなりの確率で継続ユーザーになります。

本質的に「良いもの」を理解できる人

ブランドやイメージに惑わされず、
事実やデータやをもとに本当に良いものを選ぶ人がいます。

こういった傾向は比較的お金に余裕がある人に多いのですが、
物事の本質を見抜く力を持っている人、とでも言うのでしょうか。

アムウェイで悪いのはイメージと一部のディストリビューターだけ。

商品は本当に良いものばかりで、世界的な第三者機関の評価結果や、
製品データを見ればそれは一目瞭然です。

ある意味、アムウェイを一番正しく理解し、評価してくれるのがこの層の人達です。

Sponsored Link

Related Post